2020.5.21 07:09

ビルバオの39歳アドゥリスが現役引退を発表 早急の股関節手術勧められ、カップ戦決勝出場叶わず

ビルバオの39歳アドゥリスが現役引退を発表 早急の股関節手術勧められ、カップ戦決勝出場叶わず

ビルバオの39歳アドゥリスが現役引退を発表 早急の股関節手術勧められ、カップ戦決勝出場叶わず

ビルバオの39歳アドゥリスが現役引退を発表 早急の股関節手術勧められ、カップ戦決勝出場叶わず【拡大】

 アスレティック・ビルバオの元スペイン代表FWアドゥリスが現役引退を発表した。

 2012年に古巣のビルバオに復帰して以降、活躍を続けてきたアドゥリス。2月に39歳の誕生日を迎えた同選手は、昨夏に2019-20シーズン終了後の現役引退を発表していた。4月には集大成となるコパ・デル・レイ決勝を控えていたが、新型コロナウイルスの影響でシーズンととともに大一番の延期が決まっている。

 先日には6月末に満了を迎える契約を延長することが濃厚と伝えられたアドゥリスだが、20日にソーシャルメディアで現役からの引退を発表。元スペイン代表FWは「時間が来た。何度も、何度も、僕が別れを告げる前にフットボールが先に別れを告げると言ってきた」と綴り、スパイクを脱ぐことを明かした。

 「昨日、医師から股関節を人工のものに変え、可能な限り通常の日常生活を送るために、早めに手術を受けたほうが良いと言われた。残念だけど、僕の身体は“もう十分だ”と言っている。僕が望むように、またふさわしい形でチームメイトをもう助けられない。これがプロアスリートの人生だ。とてもシンプルだ」

 「今、とても厳しく辛い状況の中を生きている。僕たちが苦しむパンデミックは取り返しのつかない爪痕を残した。僕たちは団結して戦い続けなければいけない。だから、君たちに僕のことを心配してほしくないし、これはただのアクネドートだ。僕たちには別れを言える時間があるから、夢見ていたファイナルのことを忘れてしまおう。さようならを言う時間は来たし、これが僕にとってのエンディングだ。最初から最後まで忘れられない、最高のものだった」

 「心の底からありがとう」

 2002年にビルバオのファーストチームデビューを飾ったアドゥリスは、バジャドリー、マジョルカ、バレンシアに在籍したものの、3期間、計12シーズンにわたりバスクのクラブでプレー。スペイン代表としては、13キャップ2ゴールをマークし、同国の最年長得点記録を樹立した。

 今シーズンの開幕戦バルセロナとの一戦で終盤に決勝点となるオーバーヘッドを決め、リオネル・メッシ以外では初となるラ・リーガ15シーズン連続ゴールを達成。しかし、それ以降はケガに苦しみ、選手キャリアにピリオドを打つことが決まった。(Goal.com)