2020.5.20 11:54

マルセイユ、指揮官に対する延長オファーを異例の開示「不安定さに悩まされてきた」

マルセイユ、指揮官に対する延長オファーを異例の開示「不安定さに悩まされてきた」

マルセイユ、指揮官に対する延長オファーを異例の開示「不安定さに悩まされてきた」

マルセイユ、指揮官に対する延長オファーを異例の開示「不安定さに悩まされてきた」【拡大】

 マルセイユがアンドレ・ヴィラス=ボアス監督に契約延長のオファーを送ったことを明かした。

 ポルトやチェルシー、トットナムで指揮した経験を持つヴィラス=ボアス監督は、2019-20シーズンからマルセイユの監督に就任。2年契約を結んでいたが、マルセイユから2022-23シーズン終了までの2年の契約延長オファーを新たに提示されたようだ。オファーには、マルセイユが2023-24シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合、1年の延長オプションも含まれているという。

 マルセイユは「契約延長に関するメディアの誤った報道」を受け、事実を明らかにするため声明を発表。不安定さを改善するために、指揮官の続投を求めているようだ。

 「マルセイユは20年間、慢性的な不安定さに悩まされてきたクラブだ。この間に24回の監督交代があった。20年間で、4年以上の契約を結んだ監督は3人しかいない。ディディエ・デシャン、ルディ・ガルシア、ヴィラス=ボアスだ」

 さらに、「スポーツ面において長期的にチームを構築できる」ことを延長の理由として挙げたマルセイユ。ヴィラス=ボアス監督はオファーを受け入れることになるのだろうか。(Goal.com)