2020.5.17 03:47

キエッリーニ、S・ラモスを「世界最高のDF」と称賛も…「サラーの負傷のさせ方はマエストロだった」

キエッリーニ、S・ラモスを「世界最高のDF」と称賛も…「サラーの負傷のさせ方はマエストロだった」

キエッリーニ、S・ラモスを「世界最高のDF」と称賛も…「サラーの負傷のさせ方はマエストロだった」

キエッリーニ、S・ラモスを「世界最高のDF」と称賛も…「サラーの負傷のさせ方はマエストロだった」【拡大】

 ユベントスDFジョルジョ・キエッリーニが、その自伝の中で記したRマドリードDFセルヒオ・ラモスについての見解が賛否両論となっている。

 キエッリーニは自伝において、S・ラモスのことを「世界最高のDF」と形容。しかしながら具体的な評価については、微妙なニュアンスも伴っていた。

 「彼は直情的、まったく戦術的ではないと言えるかもしれない。彼のせいで1シーズンにつき8~10失点を許してしまうためにね。僕がそうやって2~3回失点すれば、もう生きてはいられないだろう」

 「彼は素晴らしいテクニックがあり、ストライカーになれるかもしれない。僕とは正反対と言えるだろう。そして彼には、誰も有していない二つの特徴があるんだ」

 キエッリーニが挙げる二つの特徴は、ビッグゲームの中で決定的な役割を務められる器、チーム内における頼もしい存在感であるという。そして一つ目の特徴については、2018年チャンピオンズリーグ決勝リバプール戦で、FWモハメド・サラーを負傷させた件について言及している。

 「彼はビッグゲームで決定的な存在となる術を理解している。サラーの件はマエストロだった。マエストロ・セルヒオは、いつも望んでやったわけじゃないと言っているけど、ああした形で、つかんだままで倒れれば、10回中9回は相手の腕を壊すことになるよね」

 「(二つ目の特徴は)彼の存在がチームメートを心強い気持ちにすることだ。ヴァラン、カルバハル、マルセロがいても、彼がいなければまるで青臭いチームになってしまう」(Goal.com)