2020.5.17 14:05

本田圭佑「宿題は嫌ならやらんでいい」 武藤嘉紀が反論し“宿題論争”

本田圭佑「宿題は嫌ならやらんでいい」 武藤嘉紀が反論し“宿題論争”

本田圭佑

本田圭佑【拡大】

 サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)=ボタフォゴ=が16日、自身のツイッターで「学校の宿題は嫌ならやらんでいいと思う」と発言したことについて、元日本代表FW武藤嘉紀(27)=ニューカッスル=が、非常に危険と反論。的を得た意見に両者とも1万件を超える「いいね」が寄せられ白熱した。

 本田は音声版SNS『NowVoice』に、「宿題は自分で決めさせて、もし嫌ならしなくていい」と題し、自身の考えを投稿。これを引用しツイートしたところ、コメント欄には様々な意見が飛び交い武藤も反応。自身のツイッターを介し「圭佑くんの発言力でこれを言ってしまうと子供たちは『本田選手がこう言ってるんだから、宿題はやらなくていいんだ』と飲み込む子供が確実に増加するということ。それは非常に危険」と指摘した。

 武藤のツイートに対し本田は「俺の極端な意見へは意見はやりやすいやろう?wこれをキッカケに武藤節を今後期待してるよ」とやや挑発的な言葉でリプライを送り、「『嫌なら宿題はやらんくていいんや』って考える子が増えてようやく本当の意味での人生の宿題と向き合えるようになる思ってるから、危険どころか良い流れ」と主張。これをうけて武藤も「圭佑くんの的を得た極端な意見は好きですよ」と前置きしつつ、「子供は物事の必要性だったり自己なんてのは、色んな事を経験しながら確立させていくもので、最初から嫌なものしなくていいという考えを植え付けるのは危険だと感じました」と反論した。

 その後もヒートアップする本田と武藤の“宿題論”にユーザーは注目し、多くのコメントが寄せられたが、本田は自身のツイッターに「ツイッターやり始めて3年経つけど、初めて反対される意見に感情的になったかも。全然あかんね。修業します」と反省の様子で投稿。「でも理由は教育が好きなのと、日本が好きなんかなって」と心境を明かすと、ファンからは「むしろ素敵だと思います」「反論してくれる人がいることは良いこと」「みんなで意見出し合えてる時点で、価値ありますよね」「色んな人達の意見を知れたので凄く勉強になりました」などの称賛する声が多く寄せられた。

  • 武藤嘉紀