2020.5.8 05:01

カシマスタジアムでPCR検査 11日から「ドライブスルー方式」実施

カシマスタジアムでPCR検査 11日から「ドライブスルー方式」実施

PCR検査が行われることになったカシマスタジアム=茨城県鹿嶋市

PCR検査が行われることになったカシマスタジアム=茨城県鹿嶋市【拡大】

 J1鹿島は7日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、茨城・鹿嶋市にある本拠地の県立カシマサッカースタジアムで検体を車に乗ったまま採取する「ドライブスルー方式」でのPCR検査が11日から行われると発表した。Jリーグクラブの本拠地やクラブハウスで同検査が実施されるのは初めて。予約制で一日最大20件の検査を請け負う。

 Jリーグスタジアムが初めて地域のPCR検査の拠点となる。鹿島の小泉文明社長(39)はクラブを通して「感染拡大防止には地域一体となった取り組みが大切。状況改善につながっていけば」とコメントした。

 施設の利用開始は11日から。使用されるのはスタジアムの外側の一角になる予定で、今後は10日にリハーサルを実施して細かい場所の選定や流れの確認などを行う。検査は鹿島医師会が主体となって行う。

 検査の対象は、茨城県南東部の鹿行(ろっこう)5市(鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市)の医療機関で新型コロナウイルス感染が疑われると判断された人。予約制で一日最大20人の検査を実施する。平日の午後1時~3時の間に運用されるが、予約や医師の診断なしに検査センターに直接来て受けることはできない。

 鹿嶋市保健センターの担当者は選定理由について「鹿行地域の中で真ん中に位置し、鹿嶋市以外の方からも場所がわかりやすい」と説明。他にもさまざまな場所が候補となっていたが、地域のランドマークであるカシマスタジアムが選ばれ、指定管理者になっているクラブも協力を承諾したため実現した。

 Jリーグでは4月20日に村井満チェアマンが菅義偉官房長官と会談し、各クラブの施設をPCR検査などの医療活動に使用してもらうことなどを提案した。今回は国からの要請ではないが、Jクラブによる医療活動への具体的支援が本格化してきた。(山下幸志朗)