2020.4.8 21:05

長友佑都、コロナ離婚へ呼びかけ「ありがとうって言ってみて」

長友佑都、コロナ離婚へ呼びかけ「ありがとうって言ってみて」

特集:
長友佑都
長友佑都

長友佑都【拡大】

 サッカー日本代表DF長友佑都(33)=ガラタサライ=が8日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で夫婦関係の悪化が懸念される中、「ありがとうって言ってみて。ありがとうのパワーかめはめ波より凄いから」と呼びかけた。

 コロナ離婚とは外出自粛などにより、家で過ごす時間が増えたことで生活のリズムが変わり、ストレスが蓄積。夫婦喧嘩が増えるなどして離婚してしまうこと。

 また、欧州を中心に世界各国ではDV(ドメスティックバイオレンス)の増加も報告されている。先月27日から外出制限が始まった南アフリカでは最初の1週間だけでDV被害の訴えが8万件以上も警察に寄せられたという。日本でも6日、夫の収入減少を愚痴った妻を平手打ちしてけがをさせた男が逮捕。妻は搬送先の病院で死亡する痛ましい事件が発生した。

 こうした夫婦関係のこじれや悲劇を防ぐため、国内では「一時避難所」サービスを提供する企業も現れている。

 長友は「コロナ離婚増えてるらしいね」と切り出し、「こんな状況でみんなストレス溜まると思うけど、一旦落ち着いて冷静になって、出会った時の気持ちやいっぱい笑った日々思い出して」と呼びかけ、「そしていつもありがとうって言ってみて。ありがとうのパワーかめはめ波より凄いから。効かなかったら違う技考えましょう」とつづった。