2020.4.5 05:01

東京五輪サッカー「U-24認める」FIFAが答申

東京五輪サッカー「U-24認める」FIFAが答申

特集:
東京五輪競技ニュース

 【ベルリン3日(日本時間4日)】来夏に延期された東京五輪のサッカー男子の出場資格について、国際サッカー連盟(FIFA)の作業部会は「1997年1月1日以降生まれで、3人まではオーバーエージ(OA)枠を認める」との従来規定を維持する方針をまとめ、インファンティノ会長と各大陸連盟代表者らへ答申した。

 五輪のサッカー男子はこれまで原則23歳以下で争われてきたが、来年24歳になる選手にも出場資格が認められることになる。日本でもMF中山雄太(23)=ズウォレ=やFW前田大然(22)=マリティモ=ら97年生まれの選手の出場が不安視されていたが、この決定で出場への道筋がつくことになる。

 作業部会は22年W杯予選を含む6月の全代表戦の延期も勧告した。