2020.3.29 08:12

「レアルが希望取り戻すための来季イレブン」に久保建英 スペイン大手メディア

「レアルが希望取り戻すための来季イレブン」に久保建英 スペイン大手メディア

特集:
久保建英
「レアルが希望取り戻すための来季イレブン」に久保建英 スペイン大手メディア

「レアルが希望取り戻すための来季イレブン」に久保建英 スペイン大手メディア【拡大】

 スペイン大手メディアの『アス』が、Rマドリードの来季の予想陣容に日本代表MF久保建英を含めている。

 『アス』電子版は「多くの新顔とともに期待を取り戻させるチーム。2020-21シーズン、Rマドリードの考え得るイレブン」という見出しの動画を公開。チーム刷新の必要性が指摘されるRマドリードの来季イレブンを予想した。4-3-3のシステムで選ばれた11人は、以下の通り。

 GK
 ティボ・クルトワ

 DF
 アクラフ・ハキミ(ドルムントにレンタル中)
 ラファエル・ヴァラン
 セルヒオ・ラモス
 セルヒオ・レギロン(セビリアにレンタル中)

 MF
 久保建英(マジョルカにレンタル中)
 カゼミロ
 マルティン・ウーデゴール(Rソシエダードにレンタル中)

 FW
 マルコ・アセンシオ
 カリム・ベンゼマ
 ロドリゴ or ヴィニシウス

 このイレブンでは34歳MFルカ・モドリッチ、30歳MFトニ・クロースとマドリーを支え続けたインサイドハーフ2選手が外れて、そこにウーデゴール、そして久保が入った。ただしRマドリードファンの中には、MFフェデ・バルベルデではなく久保が選ばれたことに疑問を呈する声もある。

 『アス』によれば、この来季イレブンの市場価値は合計5億1800万ユーロとのこと。なおドイツ『トランスファーマルクト」は、久保の市場価値を1500万ユーロと見積もっている。(Goal.com)