2020.3.27 13:00

韓国サッカー協会、IOCらに97年組の出場を要求「不公平だ」

韓国サッカー協会、IOCらに97年組の出場を要求「不公平だ」

韓国サッカー協会、IOCらに97年組の出場を要求「不公平だ」

韓国サッカー協会、IOCらに97年組の出場を要求「不公平だ」【拡大】

 韓国サッカー協会(KFA)は26日、東京五輪の男子サッカー競技の参加資格についての意見をまとめた公式文書をIOC(国際オリンピック委員会)、FIFA(国際サッカー連盟)などに送付した。同日に韓国メディアが伝えている。

 当初は2020年7月に開幕を予定していた東京五輪だったが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、1年程度の延期が決定。各スポーツ界に衝撃が走るなか、特に年齢制限がある男子サッカー種目については、1年程度の延期により、IOCとFIFAがどのような措置を取るのかが注目されていた。

 韓国紙『スポーツソウル』によると、KFAはAFC(アジアサッカー連盟)、FIFA、IOCに対し、東京五輪が2021年に延期されたことで、アジア予選通過の主軸であった1997年組の取扱いについての確認を行ったという。KFAは公式文書で「新型コロナという不可抗力的な自由により、大会が延期され、五輪出場のために準備してきた選手が参加できないのは極めて不公平だ」と記し、五輪参加における権利の保護を主張したという。

 また、「五輪の名称を含め、すべての内容が維持された状態で、出場を達成した選手たちが不利益を受けずに本大会の試合に臨むことができるように要請する」と、1997年組の参加許可を要求している。

 さらにKFAは、年齢制限だけでなく、エントリー数の件も一緒に伝えたという。文書には「五輪予選をはじめ、FIFAと各大陸連盟のすべての大会が23人エントリーで構成されているのに、五輪サッカーだけ長い間18人のままだ」とし「18人は時代遅れだ。国際サッカーの最近の流れに合わない。エントリー拡大の問題も一緒に議論が必要だ」と求めた。

 KFAの洪明甫専務は「予選を通過した選手たちが本戦に参加することが五輪の追求する公正性とスポーツ精神に合致すると考えている」と述べ、「選手がチャンスを失わないように最善の努力を尽くす」ことを強調している。

 FIFAの五輪男子サッカーの規定には、「1997年1月1日以降生まれ」であれば、出場可能と記載しているため、物理的には規定を変更しなくともU-24チームを構成できることになる。しかし、FIFAとIOCはこの規定を維持するか否かの見解を、未だ明らかにしていない。(Goal.com)