2020.3.27 07:33

プレミア最初の感染者、アルテタ監督が新型コロナの恐ろしさ語る…

プレミア最初の感染者、アルテタ監督が新型コロナの恐ろしさ語る…

プレミア最初の感染者、アルテタ監督が新型コロナの恐ろしさ語る…

プレミア最初の感染者、アルテタ監督が新型コロナの恐ろしさ語る…【拡大】

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は、新型コロナウイルスから完全に回復したと明かしている。クラブ公式サイトが伝えた。

 アルテタ監督は12日に新型コロナウイルスの陽性反応が出て、感染。プレミアリーグの監督としては初めてコロナとなり、プレミアリーグは中断に。隔離措置を取られ、現在は回復した指揮官はコロナの経験を明かし、迅速な対応を求められたと明かす。

 「オリンピアコスのオーナーに会ったときに、クラブから電話が来て感染した可能性があると伝えられ、症状が出始めた。次の日、マンチェスターCとの試合があったので、決断し、すぐに医者に電話して、帰れるよう頼んだんだ」

 「私は症状を感じた最初の人間だったし、その場合はクラブの選手やすべての人々と関連している。すぐに決断はできないし、プレミアリーグやマンチェスターCと話す必要があり、かなり迅速に決断しなければならなかった。そこで気づくんだ。『ああ、誰もが感染する可能性がある。非常に深刻だ』とね。そこで接触した人々について考え始める。それは恐怖の到来だった」

 症状については「私にとっては通常のウイルスだった」と語りつつ、家族を心配していたようだ。

 「問題は家に人がいることだ。3人の子供がいるし、心配していた。神に感謝しているよ。私たちは今、完全に元気だよ」(Goal.com)