2020.3.25 23:37

元バイエルンGKが明かすペップの練習「ノイアーは完璧だった」

元バイエルンGKが明かすペップの練習「ノイアーは完璧だった」

元バイエルンGKが明かすペップの練習「ノイアーは完璧だった」

元バイエルンGKが明かすペップの練習「ノイアーは完璧だった」【拡大】

 元BミュンヘンGKルーカス・レーダーは、ジョゼップ・グアルディオラの素顔について『Goal』の独占インタビューで明かしている。

 レーダーは2012年から2014年までバイエルンでプレー。2013-14シーズンからペップがミュンヘンへやってきたため、1年をともに過ごした。

 当時のバイエルンは“ティキ・タカ”と呼ばれる圧倒的なポゼッションスタイルを構築し、GKマヌエル・ノイアーはスイーパー・キーパーとして高い位置でプレー。新しいスタイルでブンデスリーガを席巻していた。レーダーは練習からペップが多くを要求していたと語る。

 「僕らに多くのスタイルを求めた。GKはしばしばビルドアップの練習に加わっていたね。ノイアーは完璧にすべてができた。ときにはロングボールを送らないといけないときもあったが、他に選択肢があるとわかっても、ペップは怒鳴らない。練習の後に、どのような解決策があったかという議論が行われるんだ」

 ペップ・バイエルンは3シーズンで3度のブンデスリーガ制覇を含む、7つの主要タイトルを獲得。一方で、チャンピオンズリーグの栄冠には届かなかった。(Goal.com)