2020.3.22 01:58(1/2ページ)

カペッロ氏、浮き沈み激しいレアルに提言「ピッチ上のリーダーが必要」

カペッロ氏、浮き沈み激しいレアルに提言「ピッチ上のリーダーが必要」

カペッロ氏、浮き沈み激しいレアルに提言「ピッチ上のリーダーが必要」

カペッロ氏、浮き沈み激しいレアルに提言「ピッチ上のリーダーが必要」【拡大】

 イタリア人元指揮官のファビオ・カペッロ氏は、自身が二度にわたって率いたこともあるRマドリードが現在、「違いを生み出せる選手」を必要としていることを説いた。

 スペイン『アス』とのインタビューに応じたカペッロ氏は、今季のマドリーが浮き沈みが激しい理由について分析。ピッチ上におけるリーダーが欠けているとの考えを述べている。

 「彼らについては何と言えばいいのか。ときに問題を抱え、ときに素晴らしいプレーを見せている。なぜ不安定なのか? ピッチ上のリーダーたちが必要なんだ。チームには象徴的な選手が、相手を打ち破る意欲を伝染させられる誰かを擁していなくてはならない。私であればラウール、イエロ、レドンドを擁していた……、いつも貪欲な選手たちをね」

 Rマドリードには2年前まで、そうしたピッチ上におけるリーダー、現ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドがいた。

 「それだよ……。私はテレビのコメンテーターとして、いつもこう言っていた。『もしマドリーに勝ちたいなら、最低でも2ゴールを決めなくてはならない』とね。なぜなら、クリスティアーノが絶対に1ゴールは決めるからだ。バルサとメッシにも同じことが言える」

 「Rマドリードには血の入れ替えが必要か? そうしなければならないが、慎重さが必要だ。彼らは違いを生み出せる選手たちを獲得しなければならない。なぜなら、マドリーかバルサのユニフォームを着るときにはその重さを感じることになり、本当に素晴らしいクオリティーがなければ失敗することになる体」

 Rマドリードは現在、FWロドリゴ、MFブライム・ディアス、FWヴィニシウス・ジュニオール、MFマルテマティン・ウーデゴール、そしてMF久保建英など、将来有望な若手選手を積極的に獲得している。

【続きを読む】