2020.3.8 08:56

久保建英の今季3点目をスペインメディア絶賛「成長を続ける久保」「マドリーは居場所を用意すべき」

久保建英の今季3点目をスペインメディア絶賛「成長を続ける久保」「マドリーは居場所を用意すべき」

特集:
久保建英
久保建英の今季3点目をスペインメディア絶賛「成長を続ける久保」「マドリーは居場所を用意すべき」

久保建英の今季3点目をスペインメディア絶賛「成長を続ける久保」「マドリーは居場所を用意すべき」【拡大】

 7日のリーガ第27節、敵地イプルーアでのエイバル戦(2-0)で今季3ゴール目を挙げたマジョルカMF久保建英は、スペインメディアの間でも大きな話題となっている。

 42分に先制点のきっかけとなるFKを獲得した久保は、78分に自らもゴール。ペナルティーエリア手前で前を向いてボールを受けると、利き足とは逆の右足でシュートを放った。このボールが左ポストの内側を叩いてから、枠内に収まっている。

 Rマドリードが所属元の日本人MFのゴールは、スペインメディアでも大きく取り上げられた。スペイン『マルカ』の電子版はこのゴール動画を「成長を続ける久保。ゴール前でフェイントをかけ、利き足ではない右足でシュートを決めた」との見出しで紹介。また『アス』の電子版も同様にゴール動画を紹介して「今後のマドリーで、彼に居場所を与えるべき。久保がエイバル相手に創造的なゴラッソ」との見出しを打っている。

 なお選手採点(3点満点)で、『マルカ』は久保に両チーム最高タイとなる2点、『アス』はこの試合単独最高となる3点満点をつけた。また以上のスポーツ2紙のほか、一般紙『エル・パイス』の電子版の試合レポートでは「マジョルカの攻撃は久保のインスピレーション頼りで、彼がボールを持てば(エイバルにとって)悪夢だった」と記載されている。(Goal.com)