2020.2.26 19:17

バイエルンCEOがフリック監督の契約延長を示唆

バイエルンCEOがフリック監督の契約延長を示唆

バイエルンCEOがフリック監督の契約延長を示唆

バイエルンCEOがフリック監督の契約延長を示唆【拡大】

 Bミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、ハンジ・フリック監督が今後も同クラブで指揮を続けることを示唆した。

 フリック監督は昨年11月、ニコ・コバチ前監督解任後に暫定指揮官に就任。その後、昨年末に今シーズン終了までの続投が決定したことが正式発表された。

 バイエルンはフリック監督の下で18試合を戦っており、そのうち15試合に勝利。敗北は2試合のみとなっている。今月24日に誕生日を迎えたフリック監督に関して、ルンメニゲ監督は以下のように契約延長の可能性をほのめかした。

 「昨日(24日)、私たちの監督は55歳になった。良い年齢だ。(バイエルンカラーの)赤い小箱に入ったペンを差し上げよう。時にはペンを使って書類にサインをすることもある」

 なお、バイエルンは25日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグを敵地で戦い、チェルシーに3-0で快勝。フリック監督は、自身のバースデーに花を添えている。(Goal.com)