2020.2.25 13:08

バルサ指揮官「マラドーナを見て楽しんだように、今はメッシとの仕事を楽しんでいる」

バルサ指揮官「マラドーナを見て楽しんだように、今はメッシとの仕事を楽しんでいる」

バルサ指揮官「マラドーナを見て楽しんだように、今はメッシとの仕事を楽しんでいる」

バルサ指揮官「マラドーナを見て楽しんだように、今はメッシとの仕事を楽しんでいる」【拡大】

 バルセロナのキケ・セティエン監督は、自身のチャンピオンズリーグのデビュー戦となるナポリとの一戦について語った。

 25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、バルセロナは敵地でナポリと対戦する。1月にエルネスト・バルベルデ監督の後任として指揮官に就任したセティエン監督にとっては、CL初陣となる。

 セティエン監督は、今季セリエAで6位とやや苦しむナポリについて「我々は常にベストバージョンの彼らを想定して準備しなければならない。両チームにとって難しい試合になるだろうが、互いの健闘を祈っている」と話し、自身のCLデビューについて語った。

 「これが私にとって最初のチャンピオンズリーグの試合だ。情熱と歴史に溢れたあのようなスタジアムで、この挑戦を始められることに感情的になっている。とてもワクワクする試合になるだろうし、記憶に残るような試合になることを願っている」

 さらに、自身と同じくシーズン途中から就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督との再会について「昨年のベティス時代にミラノで彼に会ったとき、とても良い思い出がある。偉大な選手であり、コーチであるプライドを垣間見える彼の仕事は称賛に価する」と賛辞を送った。

 そして、以前からバルセロナが獲得に興味を示すとされるファビアン・ルイスについても口を開いている。

 「彼は素晴らしい成長を見せている。ただ、明日の試合では彼の良さが出ず、我々が彼を止められると願っている。本当に彼の成長を嬉しく思う。偉大なフットボーラーとしてだけではなく、非常に謙遜した良い選手だ」

 また、リオネル・メッシとディエゴ・マラドーナとの比較についても同指揮官は自身の考えを示した。

 「レオは15年間にわたり存在感を示している偉大な選手だ。これが同じレベルとされる他の選手との大きな違いだ。レオほどの継続性がある選手をほとんど見る機会はないはずだ。何年もの間、前の試合(エイバル戦)のような輝きを見せている。以前に(ヨハン)クライフやマラドーナを見て楽しんだように、今は彼との仕事を楽しんでいる」(Goal.com)