2020.2.23 02:15(1/2ページ)

スキャンダルに揺れるバルサ、メッシが4得点で観客の抗議を歓声に変える

スキャンダルに揺れるバルサ、メッシが4得点で観客の抗議を歓声に変える

スキャンダルに揺れるバルサ、メッシが4得点で観客の抗議を歓声に変える

スキャンダルに揺れるバルサ、メッシが4得点で観客の抗議を歓声に変える【拡大】

 22日のリーガ・エスパニョーラ第25節、カンプ・ノウでのバルセロナ対エイバルは5-0でバルセロナが勝利した。エイバルMF乾貴士は先発出場を果たし66分にピッチを退いている。

 ポゼッションフットボールを復活させたセティエン監督率いるバルセロナと、ハイプレッシングからの速攻を最大の武器とするメンディリバル監督率いるエイバルの対戦。前半の立ち上がりはエイバルのハイプレッシングが機能し、バルセロナを自陣に押し込めていく。エイバルは5分、左サイドのクロスからエンリッチがヘディングシュートでネットを揺らすも、これはオフサイドでゴールは取り消しとなり、また11分には乾が左サイドから切れ込んでシュートを放つも、ボールはGKテア・シュテーゲンの正面に飛んでいる。

 序盤は苦戦したバルセロナだが、徐々にエイバルのハイプレッシングをくぐり抜けられるようになり、14分に先制点を獲得。アタッキングサードで前を向いてボールを持ったメッシが、アルビージャを股抜きでかわしてペナルティーエリア内に侵入。左足で対角線上にシュートを放ち、ネットを揺らしている。メッシのゴールは5試合ぶりのこととなった。

 先制したバルセロナはその後も勢いを落とすことなく、背番号10が得点を重ねていった。37分、左サイドのジュニオールのスローインからブスケッツ、ビダル、メッシと内へつないでいき、そのままペナルティーエリア内左に入り込んだメッシが再び左足のシュートを突き刺して、この試合2点目。さらに41分にはコテのボールロストをきっかけとして、メッシが三度ネットを揺らし、前半だけでハットトリックを達成している。

 この日のカンプ・ノウでは、SNS上でクラブの関係者も対象として批判工作を行なっていたとされるバルトメウ会長に対して、強烈な抗議が行われた。その中で、自身も妻も批判対象となったメッシが、ハットトリックを成し遂げて観客を沸かせる……政治の醜い部分に対して、このスポーツの極上の部分で返答した格好となった。

【続きを読む】