2020.2.22 21:38

Rマドリードとの契約を2年残すモドリッチ、今季終了後の去就は

Rマドリードとの契約を2年残すモドリッチ、今季終了後の去就は

Rマドリードとの契約を2年残すモドリッチ、今季終了後の去就は

Rマドリードとの契約を2年残すモドリッチ、今季終了後の去就は【拡大】

 RマドリードMFルカ・モドリッチの今季終了後の進退に注目が集まっている。スペイン『マルカ』が報じた。

 今季は序盤こそ存在感を潜めていたが、時間が経つに連れて2018年にバロンドールを獲得した実力に徐々に誇示し始めているモドリッチ。そんな同選手とRマドリードとの契約は、2021年までとなっている。

 『マルカ』は契約期間が残り1年となる今季終了後、モドリッチがRマドリードに残留するか否かにより、同クラブの方針が変わってくると報じた。同紙によると、もし34歳のクロアチア代表MFが今夏に退団の道を選択する場合には、Rソシエダードに貸し出し中のMFマルティン・ウーデゴールを引き戻すことになるようだ。その一方で、モドリッチが2021年までの契約をまっとうする場合には、ウーデゴールはマドリーとソシエダの契約通り、あと1年サン・セバスティアンにとどまることになりそうだ。

 Rマドリード首脳陣は、ウーデゴールをモドリッチの後釜と捉えている模様。そして『マルカ』曰く、モドリッチは多くのクラブから興味を示されており、今夏にオファーに事欠くことはない様子だ。果たして、8年にわたってマドリーを支えてきたモドリッチは、今季終了後にどのような決断を下すのだろうか。(Goal.com)