2020.2.18 05:02

バルサ公式SNSがハッキング被害…ネイマール“復帰”と投稿される

バルサ公式SNSがハッキング被害…ネイマール“復帰”と投稿される

 スペインリーグのバルセロナは17日までに、公式ツイッターがハッカー集団に乗っ取られる被害に遭っていたことを明らかにした。

 現地紙などによると、被害は15日夜(日本時間16日)に発生。公式ツイッターに「ネイマールが復帰するようだ」などと、移籍したブラジル代表FWが戻ってくるとのメッセージが掲載された。

 投稿したのは世界的ハッカー集団「OurMine」。国際オリンピック委員会(IOC)の公式ツイッターにも「どこだってハッキングできる」とのメッセージが流れた。

 ネイマールは2017年に、バルセロナからフランスリーグのパリ・サンジェルマンに移籍している。バルセロナ側は「アカウントが乗っ取られ、メッセージが表示された」と説明。IOCも被害を認めた。