2020.2.17 00:44

マジョルカ監督が『久保投入で攻勢』否定「投入された誰もがチームのために働いた」

マジョルカ監督が『久保投入で攻勢』否定「投入された誰もがチームのために働いた」

マジョルカ監督が『久保投入で攻勢』否定「投入された誰もがチームのために働いた」

マジョルカ監督が『久保投入で攻勢』否定「投入された誰もがチームのために働いた」【拡大】

 15日のリーガ・エスパニョーラ第24節、マジョルカは本拠地ソン・モッシュでのアラベス戦に1-0で勝利した。ビセンテ・モレノ監督は試合後、久保の投入が試合の流れを変えたとの見解について、否定的な見解を示している。

 スコアレスで試合を折り返したビセンテ・モレノ監督は、53分に久保建英を投入。そこからチームは攻撃の勢いを増し、63分にFWクチョ・エルナンデスが決勝点を決めることに成功した。

 日本のみならずスペインでも、テレビ放送の実況やメディアの間で、久保の積極的なプレーがマジョルカに流れをもたらしたとの見解があふれたが、ビセンテ・モレノ監督の考えは異なるようだ。同指揮官は試合後、久保投入が勝利のカギを握ったとの見解に対して、次のように返した。

 「彼の投入が特別、カギを握っていたというわけではない。前半にもしポジティブな結果を得ていたとしたら、どうということはなかった。実際、私たちはPKを手にしていたし、セットプレーにおける完璧なアクションもあった。問題はボールが枠に入るかどうか、ということだったんだ。普通であれば、クボが入る前に良い結果を手にしていたはずだった」

 「総括は試合全体を見て行わなければならない。フェバスはチームのために重要な仕事をこなしていたし、それにタケでもセドラーでも、投入された誰もが自分の仕事を、すべきことを行っていた。交代で選手を入れたときには、何かが減るのではなく、増えるという感覚を得ることこそが肝要となる。そういった点から見れば、途中出場の選手たちもチームのために働いてくれた。それが重要なことなんだ」

 ビセンテ・モレノ監督は個人の活躍ではなく、マジョルカがチームとして機能することに焦点を合わせているようだ。(Goal.com)