2020.2.17 11:17

ラツィオがインテルとの上位対決を制し2位浮上 インザーギ監督「勝利にふさわしかった」

ラツィオがインテルとの上位対決を制し2位浮上 インザーギ監督「勝利にふさわしかった」

ラツィオがインテルとの上位対決を制し2位浮上 インザーギ監督「勝利にふさわしかった」

ラツィオがインテルとの上位対決を制し2位浮上 インザーギ監督「勝利にふさわしかった」【拡大】

 ラツィオの指揮官シモーネ・インザーギが、16日のインテルミラノ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、勝利に歓喜した。

 3位ラツィオは16日、前節終了時点でユベントスと同ポイントで首位に立っていたインテルミラノとホームのスタディオ・オリンピコで対戦。前半終了間際にゴール前のこぼれ球をアシュリー・ヤングにボレーで押し込まれてリードを許したが、後半に入りチーロ・インモービレのPKで同点に追いつくと、69分にはセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチが勝ち越しとなるゴールを決めて、2-1で上位対決を制した。ラツィオ指揮官のインザーギは満足感を口にした。

 「4年前からこの選手たちと一緒に仕事をしてきて、感動が絶えない。昨年はリーグ戦8位だったが、目標はコッパ・イタリア優勝であり、それを実現することができた。今夜は1度しか負けていない強豪チームを相手に素晴らしい試合ができた。非常に素晴らしいテンポを保ち、勝利にふさわしい戦いだった。私は前半終了後、選手たちを称え、『ラストパスのクオリティが足りないだけだ』と話をした。今朝リラックスしていた選手たちも、夜にはやや緊張感を感じていたようだが、準備していたことをピッチで見せることができた。上手くいった」

 ラツィオはインテルミラノに勝利したことで2位に浮上。今節でブレシアに勝利した首位ユベントスを1ポイント差で追うことになる。ラツィオ指揮官は、「スクデット?順位表を見る限り、その話が出てくるのは当然だ。しかし我々は自分たちの道を進んでいくだけ。毎週末、リーグ戦では罠が潜んでいるかもしれないが、現在の順位をキープしていきたいと思う」と語った。(Goal.com)