2020.2.17 08:21

6分間の逆転劇!マルセイユ、上位対決制して14戦無敗 酒井は63分に交代

6分間の逆転劇!マルセイユ、上位対決制して14戦無敗 酒井は63分に交代

6分間の逆転劇!マルセイユ、上位対決制して14戦無敗 酒井は63分に交代

6分間の逆転劇!マルセイユ、上位対決制して14戦無敗 酒井は63分に交代【拡大】

 リーグ・アンは16日に第25節が行われ、リールとマルセイユが対戦した。

 3連勝中の4位リールと、第12節から負けなしで2位につけるマルセイユのビッグマッチ。直近のパフォーマンスから批判を浴びる酒井宏樹だが、3試合ぶりに先発出場を果たした。

 前半はホームのリールがボールを握り、マルセイユは耐え凌ぐ時間が続く。それでも前半は無失点で折り返したが、51分に失点。プレスをかわされると、酒井とセンターバックの間にスルーパスを通され、オシムヘンにネットを揺らされた。劣勢が続く中で、ついにゴールを許す。

 56分にもネットを揺らされたマルセイユだったが、直前にオフサイドがあったためにノーゴールに。60分にはPKを獲得したが、GKニョムに完璧に防がれ、同点に追いつく絶好機を逃す。

 苦しい展開が続く中、ヴィラス=ボアス監督は63分に酒井を下げ、アケ投入を決断。すると66分にアケのクロスからCKを獲得し、そのCKをジェルマンが叩き込んで同点に追いつく。

 そして69分、巧みなビルドアップからジェルマンがクロスを入れ、ベネデットが勝ち越し弾。わずか6分で逆転に成功する。試合はこのまま終了し、マルセイユが2-1で逆転勝利を飾った。これでリーグ戦14試合負けなしと、絶好調を維持している。(Goal.com)