2020.2.17 01:31

バイエルン、ニャブリのスーパーゴールなどで4発快勝 公式戦11試合負けなしで首位キープ

バイエルン、ニャブリのスーパーゴールなどで4発快勝 公式戦11試合負けなしで首位キープ

バイエルン、ニャブリのスーパーゴールなどで4発快勝 公式戦11試合負けなしで首位キープ

バイエルン、ニャブリのスーパーゴールなどで4発快勝 公式戦11試合負けなしで首位キープ【拡大】

 ブンデスリーガ第22節が16日に行われ、ケルンとBミュンヘンが対戦した。

 バイエルンはキングスレイ・コマンが第14節ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦以来にスタメン復帰。トーマス・ミュラー、ロベルト・レヴァンドフスキ、セルジュ・ニャブリらと前線のユニットを構築した。リュカ・エルナンデスはベンチスタートとなり、ジェローム・ボアテングとダヴィド・アラバがCBのコンビを形成している。

 試合は開始早々にバイエルンが先制。3分、ミュラーのラストパスに抜け出したレヴァンドフスキがゴール左から左足を思い切り振り抜き、豪快にネットを揺らした。

 さらに5分、デイヴィスのオーバーラップからレヴァンドフスキ、ミュラーとつなぎ、最後は中に入っていたコマンが冷静に流し込んだ。コマンにとっては昨年12月のトットナム戦以来の得点となっている。

 12分には、コーナーキックをトラップしたニャブリがカットインから強烈な右足シュートをゴール右に決めきり、試合開始から10分程度で3点差に。その後もミュラーを中心に面白いようにボールが循環するバイエルン。チアゴ、ニャブリ、レヴァンドフスキ、ミュラーらが4点目のチャンスを得たが、活かせず前半を終える。

 後半開始早々、ケルンが右サイドの崩しからネットを揺らすが、VARの末オフサイドで取り消しに。しかし、ケルンは徐々に本来の勢いを取り戻し、勇敢な戦いぶりを見せる。

 それでも、バイエルンは強烈な個が流れを一変。66分、ニャブリが左サイドからカットインしてシュート。簡単にゴール右へ決め、4-0に。ケルンが意地を見せ、70分にはマルク・ウートが1点を返す。

 ケルンが強い意思を見せながらも、バイエルンがマヌエル・ノイアーのビッグセーブもあり、かろうじて3点のリードを守りきった。今節の結果でRBライプツィヒに首位を譲っていたが、バイエルンが再び順位表のトップを奪還。次節は21日にホームでパーダーボルンと対戦する。(Goal.com)

試合結果へ