2020.2.16 09:55

カンプ・ノウ、ついにセティエン・バルセロナにブーイング…

カンプ・ノウ、ついにセティエン・バルセロナにブーイング…

カンプ・ノウ、ついにセティエン・バルセロナにブーイング…

カンプ・ノウ、ついにセティエン・バルセロナにブーイング…【拡大】

 15日のリーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのヘタフェ戦を2-1で制した。キケ・セティエン監督は試合後、難しい戦いになることを予期していたとしながら、2点以上のゴールを決められた可能性があったことも強調している。

 ヘタフェの圧迫するようなプレッシングを前に苦しんだバルセロナだったが、33分にFWアントワーヌ・グリーズマン、39分にMFセルジ・ロベルトがゴールを決めて前半を終え、66分にはFWアンヘル・ロドリゲスに1点を返されたものの1点リードを維持して試合を終えた。試合後会見に出席したセティエン監督は、次のような感想を述べている。

 「とても困難な試合になることは予想していた。攻守が入れ替わる本当に難しい一戦だったね。ただ、私たちは前半に勝負を決めることもできたはずだ」

 この試合で、カンプ・ノウの観客はセティエン監督率いるバルセロナに初めてブーイングを浴びせた。その原因は、ビルドアップの危うさだ。バルセロナはヘタフェの積極的なプレッシングを前に、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに対して何度もボールを戻すことになったが、観客はその度に指笛を吹いていた。

 「すべてはナーバスな感情の産物だ。困難な状況で、ボールが自ゴールの近くにあれば、私だってナーバスになる。しかし後方から攻撃を構築することこそ、私たちのアイデンティーなんだよ。リスクは高いかもしれないが、その分だけリターンも高い」

 「難しい試合になることは分かっていた。相手は4試合連続で失点を許していなかったんだ。彼らは激しく、アグレッシブなプレッシングを見せるが、私たちはうまくボールを管理していたよ。確かに、ときにプレーが的中しないこともあったが、それは相手がうまくやったからだ。私たちは55~60分間は素晴らしい試合を演じた。後半はボールとともに攻撃しようとしてもファウルを受けて、その都度もう一度始めることになったがね。苦しい時間もあったが私たちは勝利に値する。もっとゴールを決められたかもしれないからね」

 セティエン監督はヘタフェを率いるホセ・ボルダラス監督が実践するプレースタイルを忌み嫌ってきたが、今回もやはり黙ってはいられなかった。ヘタフェのファウル数の多さ、それに反比例して自チームの方が受けた警告の数が多かったことについて、不満を漏らしている。

 「彼らは29回ものファウルを犯した。しかし私たちは、そんな彼らよりも1枚多くイエローカードを受けて、家路につくことになったんだ」

 なおセティエン監督とボルダラス監督はこれまでと同様、キックオフ前も試合終了後も挨拶を交わさなかった。(Goal.com)