2020.2.16 07:41

ハーランドがブンデス1月最優秀選手賞に輝く!出場56分間で5ゴール

ハーランドがブンデス1月最優秀選手賞に輝く!出場56分間で5ゴール

ハーランドがブンデス1月最優秀選手賞に輝く!出場56分間で5ゴール

ハーランドがブンデス1月最優秀選手賞に輝く!出場56分間で5ゴール【拡大】

 ドルトムントのアーリング・ハーランドが1月の月間最優秀選手賞に輝いた。

 今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で躍進したザルツブルクの中で、南野拓実とともに大きな注目を集めたハーランド。19歳ながらCL開幕戦でハットトリックを達成するなど5試合連続ゴールを記録し、全公式戦22試合で28ゴールをマークした。この活躍を受け、ビッグクラブ行きが報じられる中、1月の移籍市場でドルトムントに2000万ユーロ(約24億円)と報じられる移籍金で加入するが決まる。

 そして、迎えた1月18日のアウグスブルク戦でついにハーランドは新天地でデビュー。すると、途中出場からわずか23分でハットトリックを記録して、5-3の逆転勝利の立役者に。さらに、24日のケルン戦でも2ゴールを挙げる活躍を見せ、チームの5-1の勝利に貢献した。

 そして15日、ブンデスリーガは1月の月間最優秀選手賞を発表。1月に行われたリーグ戦2試合、わずか56分間のプレーで5ゴールを記録した19歳のハーランドが、チームメイトのジェイドン・サンチョやBミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキらを退けて受賞することが決まった。

 ハーランドは2月に入ってからも、ウニオン・ベルリン戦で2ゴール、DFBポカールのブレーメン戦で1ゴールを記録。レーバークーゼン戦こそ無得点に終わったが、14日のフランクフルト戦で再びゴールを奪うなどこの勢いはまだまだ止まりそうにない。(Goal.com)