2020.2.14 17:44(1/2ページ)

イニエスタ「カズさんを尊敬する」 53歳までの現役続行、自身も「できることならやりたい」

イニエスタ「カズさんを尊敬する」 53歳までの現役続行、自身も「できることならやりたい」

イニエスタ「カズさんを尊敬する」 53歳までの現役続行、自身も「できることならやりたい」

イニエスタ「カズさんを尊敬する」 53歳までの現役続行、自身も「できることならやりたい」【拡大】

 2020シーズンの『Jリーグキックオフカンファレンス』が14日に都内で行われ、明治安田生命J1リーグ全18クラブの監督・選手が出席。同イベントを配信している『DAZN』にて新シーズンへの展望を語っている。

 2月23日の開幕戦で激突するヴィッセル神戸と横浜FCからは、アンドレス・イニエスタと三浦知良が登場。レジェンド2人が新シーズンへの思いを語った。

 2020年元日の天皇杯で初優勝を果たした神戸は、新シーズンの幕開けを告げる『FUJI XEROX SUPER CUP 2020』でもJ1王者の横浜F・マリノスをPK戦の末に下し、2020シーズン“1冠目”を獲得。さらに、横浜FM戦から中3日で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)初戦ではジョホール・ダルル・タクジムに5-1で大勝。絶好のスタートを切った。

 巧みなゲームコントロールで試合を支配し、神戸の好調をけん引するイニエスタは「短い休暇ではありましたが、天皇杯も勝てましたし、スーパーカップも優勝してシーズンを始めることができたので、喜んでやっています」と過密日程にも不満を見せず。「コンディショニングの面はプレシーズンのなかで徐々に上げることができている。いまはすごい良い調子でプレーできている」とここまでの手応えを口にした。

 その神戸と開幕戦で対峙する横浜FCは、13年ぶりのJ1挑戦となる。昨季はタヴァレス前監督から下平隆宏監督へ交代後、怒涛の18戦無敗を記録するなど、安定した戦いぶりを発揮。逆転でのJ1昇格を果たした。

 2月26日に53歳を迎える三浦にとってもJ1の舞台は13年ぶり。神戸とのゲームについては「(神戸が)タイトルを獲って自信をつけているので、そういう意味では大変な試合になる」と予想。「神戸との開幕戦でどう自分たちが手応えを感じるか、感触をつかむのか、どういう雰囲気でやるかは、いい経験になると思いますが、それをただの1試合の経験にするのではなく、シーズンを通して経験を積み上げられるような試合にしたい」と意気込みを語った。

【続きを読む】

  • 談笑する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • 開幕戦カード同士で握手する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • 開幕戦カード同士で握手する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • 取材に応じる(左から)神戸・イニエスタ、横浜FC・三浦知良=東京都港区(撮影・蔵賢斗)
  • キックオフカンファレンスで、壇上に並ぶJリーグ各クラブの選手たち=14日、東京都内