2020.2.14 16:36(1/2ページ)

イニエスタ、カズらがJリーグキックオフカンファレンスに登壇!全18クラブ選手コメント要旨

イニエスタ、カズらがJリーグキックオフカンファレンスに登壇!全18クラブ選手コメント要旨

開幕戦カード同士で握手する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)

開幕戦カード同士で握手する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 2020シーズンの『Jリーグキックオフカンファレンス』が14日に都内で行われ、明治安田生命J1リーグ全18クラブの監督・選手が出席した。

 Jリーグの村井満チェアマンは2020シーズンのテーマとして「J1でVARがスタートする」ことを挙げ、「(VARは)この前の『FUJI XEROX SUPER CUP』でも実践している。世界に示せるようなVARをやっていきたい」と意気込みを口にした。

 また、夏に東京五輪が開催されることにも触れ、「Jリーグからどう(選手を)排出していくか、レジェンドも若手の選手も含めて主役争いが今年のJリーグの見どころ」だとし、「いままでのU-23の国際大会での結果等々あるのですが、これからが本番。リーグとしてもバックアップしていきたい」と力強い言葉を残している。

 2020シーズンのJ1リーグは2月21日の『フライデーナイト』に開幕。湘南ベルマーレと浦和レッズがオープニングゲームを戦う。

 キックオフカンファレンスでは、開幕カードにあわせて参加選手が登壇。それぞれが開幕戦と今シーズンへの熱い意気込みを口にしている。以下は、18クラブの代表選手のコメント要旨。

 ■2/21(金)湘南vs浦和[BMWス]

 湘南・齊藤未月「チームとしてはACLを目指している。より高い順位でサポーターと勝ちを分かち合いたい」

 浦和・橋岡大樹「昨シーズンは良い結果を残せなかったので、今シーズンはファン・サポーターの皆さんと喜びあえる結果を出したい」

 ■2/22(土)仙台vs名古屋[ユアスタ]

 仙台 シマオ・マテ「とてもいい準備はできています。良いフットボールを落とし込んでいきたい。チームとしては(昨年)6月の名古屋戦がターニングポイントだった。そこから勝利をつかむことができた。今年もしっかり勝利したい」

 名古屋・相馬勇紀「新しいメンバーも入って非常にキャンプから充実したトレーニングができているので、絶対勝てると思います。鹿島に移籍して色々な経験をし、成長して帰ってきたので、自分の武器でチームを勝たせられるように頑張りたい」

 ■2/22(土)柏vs札幌[三協F柏]

 柏・古賀太陽「3シーズンぶりのJ1は僕自身、楽しみな気持ちでいっぱいです。チームが困ったときに自分が助けられるような存在になりたいですし、つねにチームの中心にいられるような存在になりたいです」

 札幌・鈴木武蔵「(昨季のルヴァンカップ準優勝は)本当に悔しかったですし、この悔しさというのは、はじめて味わえた悔しさなので、それを今シーズンにぶつけてリベンジしていきたい。リーグとルヴァンカップで得点王をとって、20点を目標にやっていきたいと思います」

 ■2/22(土)川崎vs鳥栖[等々力]

 川崎F・田中碧「(昨季のルヴァンカップは)いままで味わったことのない試合というか、苦しかった120分ですけど、タイトルを獲れてよかったと思います。チームとしてはリーグタイトルを取り返すことを一番の目標としていますので、まずはリーグタイトルをとれるように頑張りたい」

 鳥栖・松岡大起「しっかり自分の若さを全面に出していきたい。試合にしっかり出続けて自分の価値を高めていけるように頑張ります」

【続きを読む】

  • 開幕戦カード同士で握手する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • 談笑する(左から)神戸・イニエスタと横浜FC・三浦=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • 開幕戦カード同士で握手する(左から)横浜M・仲川とG大阪・昌子=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • キックオフカンファレンスで、壇上に並ぶJリーグ各クラブの選手たち=14日、東京都内
  • あいさつするJリーグの村井満チェアマン=東京・港区(撮影・蔵賢斗)
  • 取材に応じる(左から)神戸・イニエスタ、横浜FC・三浦知良=東京都港区(撮影・蔵賢斗)