2020.2.14 13:23

C大阪・西川が昨季Jデビューのルヴァン杯へ「いい準備をしていきたい」

C大阪・西川が昨季Jデビューのルヴァン杯へ「いい準備をしていきたい」

練習後、取材に応じるC大阪・西川

練習後、取材に応じるC大阪・西川【拡大】

 C大阪は14日、大阪市内のクラブ施設で16日のルヴァン杯・松本戦(15時、ヤンマー)へ向け調整。昨季のこの大会で特別指定選手としてJリーグデビューを果たしたMF西川潤(17)が意気込んだ。

 この日の練習では、チームに分かれて順位を競うサーキット練習などでFW都倉、MF清武ら先輩に負けない声を出し、笑顔でメニューを消化。「チームに合流したときよりはなじめていると思う。学校がないのでフレッシュな気分でやっているし、よりサッカーに集中できる環境でやらせてもらっています」と充実感をにじませた。

 昨季は桐光学園高在学中に特別指定選手としてルヴァン杯第2節・神戸戦でJリーグデビュー。縁のある大会だが、正式にチームの一員となった今は「それとは違う責任感がある」ときっぱり。右サイドはMF坂元らとポジションを争うなかで「出るチャンスがあれば結果を残すために、いい準備をしていきたい」と気持ちを込めた。