2020.2.12 21:07

横浜M・ポステコグルー監督「素晴らしい試合ができた」/ACL

横浜M・ポステコグルー監督「素晴らしい試合ができた」/ACL

前半、先制ゴールを決める神戸・小川=ノエスタ

前半、先制ゴールを決める神戸・小川=ノエスタ【拡大】

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は12日、各地で1次リーグ第1戦が行われ、H組の横浜Mは敵地で全北(韓国)を2-1で破り、G組の神戸はホームでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に5-1で大勝した。

 昨季J1王者の横浜Mは前半の遠藤の先制ゴールなどで優勢に試合を進め、天皇杯全日本選手権を制してACLに初出場した神戸は小川が3点を決めて圧倒した。

 1次リーグは各組4チームで争われ、2位までが決勝トーナメントに進む。第2戦は18、19日に行われる。(共同)

横浜M・ポステコグルー監督の話「90分を通してコントロールし、素晴らしい試合ができた。さらに点を取れる好機もたくさんあった。アウェーで強敵に勝てたし、内容も良かった」

全北・金相植コーチの話「初戦で本当に勝ちたかったが、メンタル面で難しい試合になってしまった。1次リーグ突破に向け、次の試合に切り替えたい」

神戸・フィンク監督の話「神戸にとってACLは初めての大会だったが、チームはとてもいいプレーをしてくれた。後半は、より相手にプレスをかけてたくさんゴールを決められた」

ジョホール・ダルル・タクジム・モラ監督の話「どんな敗戦もつらいものだ。(前半に)同点としたまでは良かったが、2点目を失ったのが痛かった。神戸はサッカーをよく知っているいいチームだった」

試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、2点目のゴールを決めた古橋を祝福する神戸・イニエスタ=ノエスタ
  • 前半、パスを出す横浜M・遠藤(中央)=全州(共同)
  • 前半、シュートを放つ横浜M・オナイウ(右)=全州(共同)