2020.1.18 17:11

久保建英、少年時代に好きだった選手は…Rマドリードのハイレベルな練習も糧に

久保建英、少年時代に好きだった選手は…Rマドリードのハイレベルな練習も糧に

特集:
久保建英
久保建英、少年時代に好きだった選手は…Rマドリードのハイレベルな練習も糧に

久保建英、少年時代に好きだった選手は…Rマドリードのハイレベルな練習も糧に【拡大】

 マジョルカに所属する日本代表MF久保建英がラ・リーガ公式のインタビューに応じ、スペインサッカーに興味を持ったきっかけを明かしている。

 少年時代をバルセロナで過ごし、2017年にFC東京でJリーグデビュー。そして、2019年にRマドリードへと加入し、スペイン“復帰”を果たした。今シーズンはレンタル先であるマジョルカでプレーする。そんな久保はスペインサッカーに興味を持ったきっかけをこのように語る。

 「当時はバレンシアが強かったので、ダビド・シルバやダビド・ビジャが好きでした。多く日本人がプレーするようになって、夜中の試合でもよく見られるようになりましたね」

 さらに、Rマドリード加入当初について回顧。「何が起きるかわからなかったですけど、ここに来ることができてとても興奮しましたね」と話す。

 「18歳という非常に若い年齢でプロのレベルにいることができて幸運だと思いました。Rマドリードはスポーツのプロジェクトを僕に話すために日本に来てくれました。しっかりと立って成長し続けなければならないですね」

 プレシーズンはRマドリードで過ごしたため、ワールドクラスの選手が揃うハイレベルな練習を経験。久保は「参考になりましたし、いつかそこにたどり着くことができるかどうかということを判断するための貴重な場になりましたね」と振り返る。久保が白い巨人でプレーする日が来る日を待ちたいところだ。(Goal.com)