2020.1.15 05:02

カズ、母校・静学メンバーをグアム旅行招待も!5年越しご褒美実現へ

カズ、母校・静学メンバーをグアム旅行招待も!5年越しご褒美実現へ

自主トレ先のグアムから帰国したカズ。母校の静岡学園の全国制覇を伝えるサンケイスポーツを手に笑みを浮かべた(撮影・尾崎修二)

自主トレ先のグアムから帰国したカズ。母校の静岡学園の全国制覇を伝えるサンケイスポーツを手に笑みを浮かべた(撮影・尾崎修二)【拡大】

 J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が14日、自主トレ先のグアムから成田空港着の日航機で帰国し、前日13日に全国高校選手権で優勝した母校・静岡学園のメンバーをグアム旅行に招待する考えを明かした。大きな刺激を受けたカズは、16日に和歌山県内でのチーム合宿に合流。J1シーズンを本格始動させる。

 疲れも吹き飛んだ。11日間のグアム自主トレを終え、到着ロビーに姿を現したFW三浦知。母校の全国制覇の知らせに日焼けした頬を緩めた。

 「感動しました。勝ち越したのは、たしか後半40分ぐらいですね。興奮しました」

 前日13日に静岡学園が青森山田を破った全国高校選手権決勝。火山噴火の影響で帰国便が1日延びたカズは、午後の練習後にプールサイドで動画をチェック。前半0-2でリードされると「気持ちを盛り上げるため」に母校の校歌を熱唱。逆転で優勝を決めた瞬間も再び歌い上げた。「歌詞? 覚えていたよ」。1年途中で単身ブラジルに渡り、わずか8カ月の在籍だったが、記憶は色褪せていなかった。

 2014年度大会で同校が8強入りの際は「優勝したら、全員を2泊3日のグアム旅行に招待する」と約束。当時は準々決勝で敗れ実現しなかったが、5年越しのご褒美に「そのプランも一つ。OB会と相談しないといけない。何か考えます」と選択肢に挙げた。

 昨年12月31日の1回戦・岡山学芸館戦は会場を訪れ、「静岡に優勝旗を持ち帰ってほしい」と激励。「その通りに果たしてくれた。誇らしい」と24大会ぶりに頂点に立った静学イレブンをたたえた。「あれだけの人を集める高校生の大会は世界的にもない。僕らも頑張らないと」。53歳で迎えるJ1シーズンへ、気持ちを高めた。 (宇賀神隆)

  • 全国高校選手権で優勝した静岡学園は一夜明けた14日、静岡市役所で優勝報告会に臨み、DF阿部健人主将(手前)が喜びを語った(撮影・那須慎一)