2019.12.25 07:31

久保建英、来季はRソシエダードでプレーか…“ウーデゴールパターン”で成長求め

久保建英、来季はRソシエダードでプレーか…“ウーデゴールパターン”で成長求め

特集:
久保建英
久保建英、来季はRソシエダードでプレーか…“ウーデゴールパターン”で成長求め

久保建英、来季はRソシエダードでプレーか…“ウーデゴールパターン”で成長求め【拡大】

 Rマドリードの日本代表MF久保建英は、来季Rソシエダードでプレーする可能性があるようだ。現地メディア『diario Mardista』が報じた。

 久保は今夏、FC東京からRマドリードへと加入。プレシーズンから存在感を発揮すると、マドリーは久保の将来性を買い、1部クラブのマジョルカへとレンタルで送り出した。ここまで久保はリーグ戦15試合に出場し、1ゴールを記録している。

 マドリーはマジョルカでの久保の成長に満足しつつ、来季はさらに高いところで経験を積ませようとしているようだ。それがRソシエダードへのレンタル。マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長とソシエダのヨキン・アペリバイ会長の関係は良好で、移籍の実現は容易だという。すでにソシエダはレンタルでの獲得に興味を示しており、マドリーも「タケの進歩を続けるのに理想的な場所」と考えている模様だ。

 すでにソシエダではマルティン・ウーデゴールがマドリーからのレンタルでプレー。今季は中心的な役割を担い、16試合で4ゴールを記録。マドリーは久保に関してもウーデゴールのように国内中堅クラブで成長を促したいと考えている。

 Rソシエダードはリーガ前半戦を終えて5位で、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内に入っている。久保のレンタルのために最低でもEL出場が条件となるようだが、どのようなオフシーズンが待っているのだろうか。(Goal.com)