2019.12.22 01:51

大迫先発のブレーメン、残留争い直接対決も…4連敗で13試合勝利なし

大迫先発のブレーメン、残留争い直接対決も…4連敗で13試合勝利なし

特集:
大迫勇也
大迫先発のブレーメン、残留争い直接対決も…4連敗で13試合勝利なし

大迫先発のブレーメン、残留争い直接対決も…4連敗で13試合勝利なし【拡大】

 ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、15位ケルンと16位ブレーメンが対戦した。

 ブレーメンはリーグ戦ここ12試合でわずか1勝と危機的な状況。その中で、日本代表FW大迫勇也が1トップのポジションに入った。先手を取ったのは、連勝中のケルン。39分、長いボールを使って前線へ送ると、ドミニク・ドレクスラーが落とし、ジョン・コルドバが流し込む。

 後半に入っても、なかなかチャンスを作れなかったブレーメン。終盤にはミロ・ラシツァのシュートがバーを叩くシーンも。さらには、大迫がネットを揺らすも、オフサイドで取り消しに。

 結局、両チームともに枠内シュートが1本ずつに終わり、ケルンが1-0と逃げ切っている。

 ケルンは3連勝を飾った一方で、ブレーメンは4連敗。北部の名門が危機的状況に追い込まれている。(Goal.com)

試合結果へ