2019.12.16 09:59

セルタ戦、存在感を見せられなかった久保建英…マジョルカ監督が言及

セルタ戦、存在感を見せられなかった久保建英…マジョルカ監督が言及

特集:
久保建英
セルタ戦、存在感を見せられなかった久保建英…マジョルカ監督が言及

セルタ戦、存在感を見せられなかった久保建英…マジョルカ監督が言及【拡大】

 15日のリーガ・エスパニョーラ第17節、マジョルカは敵地バライドスでのセルタ戦を2-2のドローで終えた。ビセンテ・モレノ監督は試合後、存在感を発揮することができなかったMF久保建英についてコメントしている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 6試合連続で先発出場を果たした久保だが、この試合ではボールにあまり触れられなかったこともあって存在感を示せず、77分に途中交代でピッチを去っている。スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、この試合の単独最低点となる0点をつけられるなど、期待に応えられなかった格好だ。

 しかしながら試合後会見に臨んだビセンテ・モレノ監督は、日本やスペイン、ひいては世界中から注目を集めている所属元Rマドリードの日本人MFが、まだ18歳であることを強調。落ち着いて、その成長を見守る必要があると説いている。

 「タケは18歳なんだよ。彼については、落ち着きと平静さでもって見守らなくてはならない。輝いているときも、その輝きがそこまでではないときもね」

 ここまでアウェー戦全敗で、セルタ戦でついに勝ち点を持ち帰ることに成功したマジョルカは、降格圏18位セルタと勝ち点1差で17位に位置。同チームの次戦は18日に行われるコパ・デル・レイ2次ラウンド、アウェーでのアラモ戦だ。(Goal.com)