2019.12.10 10:02

チェルシー指揮官、リールとの大一番へ意気込み「ベストを尽くして戦う」

チェルシー指揮官、リールとの大一番へ意気込み「ベストを尽くして戦う」

チェルシー指揮官、リールとの大一番へ意気込み「ベストを尽くして戦う」

チェルシー指揮官、リールとの大一番へ意気込み「ベストを尽くして戦う」【拡大】

 チェルシーのフランク・ランパード監督は、決勝トーナメント進出を懸けたリール戦に向けて意気込みを語った。

 10日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ最終節でチェルシーはホームでリールと対戦する。直近の公式戦5試合で1勝のみと調子を落とす中迎えるこの一戦で、同チームは勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる一方で、引き分けなら他試合の結果次第、敗れればヨーロッパリーグ行きと、非常に重要な試合となる。

 ランパード監督が就任して以降、ホームでのCL2試合で未勝利とスタンフォード・ブリッジでの苦戦が続く中、同指揮官は試合前の会見で「選手としてこのような大きな試合を戦ってこれて私は幸運だった。今いる選手たちも私の気持ちと同じはずだ」と話し、サポーターの前で成果を手にしたいと主張した。

 「私はこのようなノックアウトの状況が大好きで、チームは自分たちのベストを尽くして戦うことになる。重要な試合で、決勝トーナメントのようだ。我々はホームゲームでもっと良い結果を手にしたいと望んでいる。序盤に得点できれば、試合の様相が変わるだろう。良いパフォーマンスができていても、得点できなければ、大きなプレッシャーを受けることになる」

 先週末には、指揮官を解任したばかりの下位に低迷するエバートンに1-3で敗れたチェルシーだが、ランパード監督はチーム状況を心配していないと強調し、チームに良いリアクションを求めた。

 「このような状況はいつだって訪れる。プレミアリーグで戦っているのであり、いつも順調に行くはずはない。この試合は大きな試練だ。調子を落とす状況ではあるが、これがシーズンだ。我々には乗り越えるだけの力があるし、私はチームの現状に満足している」(Goal.com)