2019.12.10 23:25

橋岡、精力的に上下動 飛び蹴り受けるも大事に至らず/E-1選手権

橋岡、精力的に上下動 飛び蹴り受けるも大事に至らず/E-1選手権

前半、攻め込む橋岡=釜山(撮影・蔵賢斗)

前半、攻め込む橋岡=釜山(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 東アジアE-1選手権(10日、中国1-2日本、釜山)20歳の橋岡が先発で代表初出場を果たした。中盤右で上下動を繰り返し「選手同士でいいコミュニケーションが取れていた」とうなずいた。

 前半、ヘディングの場面で相手の足が後頭部付近に当たったが、大事に至らなかった。後半は鈴木や上田との連係が向上して攻撃にも顔を出した。脚をつって終盤に交代し「がむしゃらに走りすぎて脚がつってしまうのはある。もうちょっと、うまくやれれば」と振り返った。(共同)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、攻め込む橋岡=釜山(共同)
  • 代表で初出場を果たし、記念写真におさまる(左から)相馬、遠藤、橋岡、森島=釜山(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、交代して森保監督(左)と握手する橋岡=釜山(撮影・蔵賢斗)