2019.12.10 20:35

浦和DF槙野智章が急性虫垂炎で全治約2週間「シーズン中に手術が必要だった」

浦和DF槙野智章が急性虫垂炎で全治約2週間「シーズン中に手術が必要だった」

浦和DF槙野智章が急性虫垂炎で全治約2週間「シーズン中に手術が必要だった」

浦和DF槙野智章が急性虫垂炎で全治約2週間「シーズン中に手術が必要だった」【拡大】

 浦和レッズは10日、DF槙野智章が急性虫垂炎のため、手術を行ったことを発表した。

 槙野は自身のツイッター(@tonji5)で「今シーズン度々悩まされた虫垂炎。いわゆる盲腸ですね」と投稿し、「本来ならばシーズン中に手術しなくてはいけませんでしたが、無理を言ってこのシーズンオフに手術に踏み切りました。来シーズン万全な状態で入っていけるようしっかり治します!」とコメントしている。

 クラブによると槙野は10日に手術を行い、全治まで2週間を要する見込みだという。同選手は今季の明治安田生命J1リーグで32試合に出場。ファイナルに進出したAFCチャンピオンズリーグでは全14試合に出場していた。(Goal.com)