2019.12.9 19:49

バロテッリ、スパル戦でセリエA通算50得点も「俺に重要なのはブレシアを救うこと」

バロテッリ、スパル戦でセリエA通算50得点も「俺に重要なのはブレシアを救うこと」

バロテッリ、スパル戦でセリエA通算50得点も「俺に重要なのはブレシアを救うこと」

バロテッリ、スパル戦でセリエA通算50得点も「俺に重要なのはブレシアを救うこと」【拡大】

 ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、8日のスパル戦終了後、『DAZN(ダゾーン)』のインタビューに応じ、勝利を喜んだ。

 バロテッリの所属するブレシアは今シーズン、最下位に低迷するなど成績不振が続き、昨年からチームを率いていたエウジェニオ・コリーニが解任。後任にファビオ・グロッソが就いたが、チームの規律を重視する指揮官とバロテッリの間で問題が生じ、その動向が注目された。そんな中、ブレシアは新指揮官の下、3連敗。グロッソは1カ月足らずで解任され、コリーニが指揮官の座に戻った。

 バロテッリはコリーニの復帰戦となったスパルとの一戦において、54分に自身のセリエA通算50得点となるゴールをマーク。3日のヴェローナ戦以来3試合ぶりの得点で、1-0での勝利へチームを導いた。バロテッリは試合終了後、19位へ浮上して残留争いで一歩前進したチームに今後も貢献していくことを約束した。

 「今日こそ、試合に勝つべきときだったと思う。何度も試行錯誤してきたが、今日は非常に難しかった。それでも少しずつ、すべてが上手く行くようになるはずだ。運も必要ではあるが、俺たちの力も求められている。これから結果が出るようになることを願っている」

 「ゴールを決めるのは常に感動的だよ。だが冷静でいたい。確かにクルヴァの下でゴールを決められるのは素晴らしいことだが、今、重要なのはブレシアを(降格圏から)救うこと。ゴールは俺の子供たちに捧げたい。EURO2020?まだ先のことだし、みんなが出場したいと思っているはず。今、俺にとって大切なことは次の試合で良いパフォーマンスを見せ、ブレシアを救うことだ」(Goal.com)