2019.12.6 17:51

ユーベ・ボヌッチがミラン移籍回顧「あのときの変化は大きすぎた」

ユーベ・ボヌッチがミラン移籍回顧「あのときの変化は大きすぎた」

ユーベ・ボヌッチがミラン移籍回顧「あのときの変化は大きすぎた」

ユーベ・ボヌッチがミラン移籍回顧「あのときの変化は大きすぎた」【拡大】

 ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが5日、アリアンツ・スタジアムでおこなわれたイベントに出席し、チームなどについて語った。

 ボヌッチはまず、今シーズンからマウリツィオ・サッリが率いるユベントスについて言及。自身の考えを明かした。

 「僕らは変化を感じ取らなければならない。それができなければ、自分たちを見失ってしまうからね。サッリの下では、あらゆることに変化が生じた。常に自分が正しい場所にあると思わず、驕ることなく受け入れるべきだと思っている」

 「ベテラン選手は言葉だけでなく、実力も示さなければならない。さもなければ、信用を得ることは難しくなるだろう。そして若手選手からはエネルギーを盗まないとね。僕らにとって命のようなものだよ。挑戦を受け入れる若手選手たちは、僕らの刺激になる」

 またボヌッチは自身についても言及。2年半前にトリノを離れ、ACミランへ移籍する決断を下したことなどを振り返った。

 「僕は自己批評をするタイプなので、ピッチでミスをすればすぐに気が付く。だからこそ試合中に改善することができるのだと思う。長年にわたって批判された僕のプレーもあったが、どこを変えるべきかに気付くことができた。試合や自分の能力を理解することができれば成長につながるのだと思う」

 「僕は今、より思慮深くなったように感じる。ACミランへ行く決断を下したことで、人間として成長できた。これからユベントスでは、自分の100%の力を発揮していきたい。あのとき求めた変化は、当時の自分にとってあまりに大きすぎたのかもしれない。ここなら100%の力を出せると思う」(Goal.com)