2019.12.4 14:39

「すぐにイタリアで会おう」イブラヒモヴィッチがセリエA復帰を示唆!

「すぐにイタリアで会おう」イブラヒモヴィッチがセリエA復帰を示唆!

「すぐにイタリアで会おう」イブラヒモヴィッチがセリエA復帰を示唆!

「すぐにイタリアで会おう」イブラヒモヴィッチがセリエA復帰を示唆!【拡大】

 ズラタン・イブラヒモヴィッチが、セリエA復帰を示唆している。

 2018年3月にLAギャラクシーへ加入し、デビューシーズンから22ゴールを挙げたイブラヒモヴィッチ。翌シーズンには31ゴールをマークし、38歳となった今も驚異的な得点力を披露している。

 しかし先月、イブラヒモヴィッチはSNSに「LAギャラクシー、俺を生き返らせてくれてありがとう。ギャラクシーファンはズラタンを求めていた。そして俺はみんなにズラタンを与えた。どういたしまして」綴り、今季限りとなっていた契約を更新しないことを示唆した。元スウェーデン代表FWは度々欧州復帰が噂されており、本人も前向きなコメントを残している。

 古巣であるACミランやナポリ、恩師ジョゼ・モウリーニョが率いるトットナムなどが興味を示していると言われる中、イブラヒモヴィッチは『GQ Italia』のインタビューで、イタリア復帰を示唆している。

 「勝利の道に戻らなければならないクラブに加入するだろう。歴史を更新しなければならず、すべての人間との戦いを探している」

 「それが、全員を驚かすモチベーションを探すための唯一の方法だ。チームを選ぶだけでなく、他の要素もそろえなくてはならない。家族のこともね」

 「すぐにイタリアで会おう」

 先日、ACミランは公の場で交渉を否定しているが、何らかの動きがあったのかもしれない。とにもかくにも、ユベントス、インテルミラノ、ACミランと名門を渡り歩いた元スウェーデン代表FWのイタリア復帰が実現すれば、大きな注目が集まることは間違いない。(Goal.com)