2019.12.3 13:40

J1最終節で優勝かけた一騎打ち!ACL出場権はC大阪にも可能性が?

J1最終節で優勝かけた一騎打ち!ACL出場権はC大阪にも可能性が?

J1最終節で優勝かけた一騎打ち!ACL出場権はC大阪にも可能性が?

J1最終節で優勝かけた一騎打ち!ACL出場権はC大阪にも可能性が?【拡大】

 ■横浜FMが圧倒的優位

 最終節を残して、優勝を争うのは首位・横浜FM(勝ち点67・27)と2位・FC東京(勝ち点64・得失点差20)のみ。しかし、圧倒的に優位を得ているのは横浜FMだ。

 FC東京が優勝するためには直接対決で勝利したうえで、7点開いている得失点差を覆さなくてはならず、4点差以上での勝利が必要。横浜FMからすれば、大敗さえ喫しなければ2004年以来15年ぶりのリーグタイトルが手にできる状況となっている。

 ■天皇杯次第で4位にも可能性

 ACL出場権に関しても、すでに横浜FMとFC東京が獲得を決めている。リーグ戦単体で見れば残る枠はあとひとつ。3位・鹿島アントラーズ(同60・23)と4位・川崎フロンターレ(同57・22)がその可能性を残す。

 とはいえ、3位でシーズンを終える可能性がより高いのは鹿島だ。勝ち点で「3」上回っており、最終節で引き分け以上であればACL出場権を獲得できる。

 また、リーグ戦では優勝クラブにのみACL本大会ストレートインの権利が与えられるが、鹿島もここまで勝ち残っている天皇杯で優勝することができればリーグとは別枠でストレートインできる。そして、もし鹿島が3位でリーグを終えていた場合には、繰り上がりで4位のクラブもACL出場権を獲得。そのため、5位・セレッソ大阪(同56・12)も望みは絶たれていない。(Goal.com)

 ■J1最終節・対戦カード

 ・12月7日(土)

 14:00 札幌vs川崎F(札幌ド)

 14:00 横浜FMvsFC東京(日産ス)

 14:00 名古屋vs鹿島(豊田ス)

 14:00 大分vsC大阪(昭和電ド)