2019.12.1 11:31

ブッフォン、CLで好調のユーヴェに満足「僕の長いキャリアでもほとんどない」

ブッフォン、CLで好調のユーヴェに満足「僕の長いキャリアでもほとんどない」

ブッフォン、CLで好調のユーヴェに満足「僕の長いキャリアでもほとんどない」

ブッフォン、CLで好調のユーヴェに満足「僕の長いキャリアでもほとんどない」【拡大】

 ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが、自身の公式アプリを通じてチャンピオンズリーグ(CL)に対する意気込みなどを語った。イタリア紙『トゥット・スポルト』が28日、伝えている。

 今夏、パリサンジェルマンから1年ぶりにユベントスに復帰した41歳のブッフォン。悲願のCL制覇を目指し、控えGKとしてチームを支えている。

 「シーズンの最初の目標は達成できた。部分的とはいえ、重要なことだ。CLグループリーグでかなり余裕をもって通過することができたが、簡単なことではなかったと思う。ヨーロッパでは、簡単な試合など決して存在しないし、僕らのグループには、どんな相手をも困難に陥れることのできる難しいチームがいた。この5試合でパーソナリティーを示したチーム全体に拍手を送りたい。僕の長いキャリアにおいても、結果を気にすることなく、最終節を迎えることができたのはほとんどない。だからと言って、ユーヴェはレーバークーゼンにバカンスに行くわけではない。むしろヨーロッパの大会における常連チームのライバル相手にレベルの高いパフォーマンスを再び示すことは大切だ」

 ブッフォンは12月11日の最終節で対戦するレーバークーゼンとの過去の対戦を振り返った。

 「最後の対戦のことは今でも覚えている。あれは2001-02シーズン、僕のトリノでの1年目のことだった。ドイツでの試合に敗れたことで、僕らは敗退が決定。一方、レーバークーゼンは決勝まで駒を進めた。あの試合の記憶は、再び素晴らしい試合を見せるための刺激になるだろう」(Goal.com)