2019.11.30 21:34

横浜M・朴一圭、前回のFC東京戦は「緊張でブルブルしながら」

横浜M・朴一圭、前回のFC東京戦は「緊張でブルブルしながら」

横浜M・朴一圭、前回のFC東京戦は「緊張でブルブルしながら」

横浜M・朴一圭、前回のFC東京戦は「緊張でブルブルしながら」【拡大】

 横浜F・マリノスGK朴一圭が、FC東京との前回対戦を回想している。

 明治安田生命J1リーグで首位に立つ横浜FMは、30日に行われた第33節、等々力スタジアムでの川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”で4-1の勝利を収めた。

 横浜FMと同じく攻撃的なスタイルを標榜し、一昨年、昨年とリーグ連覇を達成した川崎Fを相手にしての快勝に、後方からチームを支えた朴一圭は「うちは1点とっても、2点目とる、3点目とる、4点、5点、6点ってどんどんとりたいチームなので、そこの共通理解みたいなものは持っていた。1点で満足せずに3点目、4点目をとろうという姿勢は常に貫いていたので、それが90分通して4点をとれた。フロンターレを相手に。そこはすごく嬉しいです。自分たちのやってきたサッカーというのが証明できた」と満足感を示す。

 とはいえ、試合の中では川崎Fにボールを持たれ、チャンスを作られる場面も。そういったシーンでは、優勝争いのライバルであるFC東京に打ち負けたリーグ前半戦での経験が生きたようだ。

 「FC東京との前半戦で2-4で負けた時に結構上がっちゃってて、緊張しちゃって、ブルブルしながらサッカーをしていました。またアウェイでしたけども、その経験があったので今回はすごくリラックスしてゲームに臨めた。すごく冷静にプレーができたというか、今は何をしなければダメなのかということが整理できたのが一番大きかったと思います」

 なお、今節を終えて首位・横浜FMと2位・FC東京の勝ち点差は「3」。得失点差の関係で、最終節の直接対決で4点差以上をつけられての大敗を喫しなければ優勝という状況の横浜FMだが、今シーズン最高にして最後の舞台で前半戦の借りを返すことができるのだろうか。(Goal.com)

試合結果へ勝敗表へ