2019.11.30 21:33

横浜FMが手にした大きな自信 15年ぶりリーグ制覇へ仲川輝人「重圧はない」

横浜FMが手にした大きな自信 15年ぶりリーグ制覇へ仲川輝人「重圧はない」

横浜FMが手にした大きな自信 15年ぶりリーグ制覇へ仲川輝人「重圧はない」

横浜FMが手にした大きな自信 15年ぶりリーグ制覇へ仲川輝人「重圧はない」【拡大】

 横浜F・マリノスMF仲川輝人が、リーグ制覇へあと一歩まで迫れた要因を明かしている。

 30日に行われた明治安田生命J1リーグで、川崎フロンターレと対戦した横浜FM。敵地での王者と一戦は難しい試合が予想されたが、8分に仲川の出場5試合連続弾で先制に成功。すると49分、69分とエリキが2ゴールを奪う。74分には1点を返されたが、終了間際に遠藤渓太がダメ押しとなる4点目をマーク。最後まで川崎Fを寄せ付けず、4-1で快勝を収めた。

 これで横浜FMは6連勝を達成。勝ち点を67に伸ばし、2位FC東京との差を3ポイントに広げた。最終節では直接対決を迎えるが、得失点差の関係で4点差以上で負けない限り、15年ぶりのJ1優勝が決定する。

 川崎F戦で貴重な先制点を奪った仲川だが、チームとして準備してきた形が実になったと振り返った。

 「マテウスが1人で突破してくれたので、逆サイドの自分があそこにいるっていうのは決まり事というか、あそこにいなきゃいけないっていうことを分かってるので。偶然というか、たまたまボールが当たり点が取れましたが、そこにいることの大切さっていうのはチームとしてやってきていることが報われているのかなと思います」

 得点後はセレブレーションを行わなかったが、「高校まで所属してたので、色々な思いもあって喜びは抑えました」と、古巣に対してリスペクトを示したことも明かしている。

 また、「始まって15分は高いインテンシティでハイプレスというか、ハードワークして、自分たちのリズムに持っていく。そこで点を取ればいいリズムでその後の時間もできる。それがここ数試合できているのが勝ちにつながっているのかなと思います」とコメント。立ち上がりに積極的に前へ出る姿勢をチーム全体で共有できていることが、6連勝につながっているようだ。

 そして「重圧はないですね。そのプレッシャーとかを楽しんでやれているので。チームみんなが自信を持って、このサッカーを表現しているっていうのが一番大きいと思います」としつつ、「このスタイルを自信を持って表現しているし、川崎相手ですけど、自分たちの力を出そうとみんなが努力してハードワークして、それが良い結果にもつながっている。少しずつ、去年から積み上げてきたものがやっと大きくなり始めてるのかなと思います」と、アンジェ・ポステコグルー体制で一貫したスタイルを貫いてきたことが、J1制覇へ突き進むための原動力になっていると語った。

 「攻撃だけじゃなく、守備もハードワークしてみんながやってくれている。それがすごく浸透しているというか。それをやらないと試合に出られないっていうぐらい、監督もハードワークに関しては厳しく言ってるので。だから、ブラジル人だからとか、そういうのは今関係なく、意識高くハードワークできていると思います」

 「今年の初めからは結構みんな自信を持ってできていたと思います。開幕戦、勝てたことも大きかったっていうのもありますし。そこから小さな自信の積み重ねが、今大きくなって、優勝まであと少しというところまで来ているのかなと思います」

 仲川はここまで15ゴールを奪っており、同僚MFマルコス・ジュニオールと並んで得点ランクトップにつけている。得点王まであと1歩だが、日々の努力、そして絶好調の攻撃陣の存在が大きな助けになっていると明かした。

 「変化はあまりないと思います。チームを助けるために何ができるかって考えると、前の選手は得点というか、アシストもそうですけど、結果でチームを勝たせることが大事だと思うので。今日もいい結果がついてきましたし、それをやるためにチームがハードワークできている。日々の練習の積み重ねはすごく大事というか、それが一番、今自分の身になっているのかなと思います」

 「(攻撃陣は)刺激にもなっていると思うし、あとはお互いを認め合っているというのもある。預ければ何かやってくれるとか、その信頼感とか、お互いがお互いを見合っているっていうのは、すごくいい関係だと思います」

 最終節は2位FC東京との直接対決になるが、横浜FMは4点差以上で敗れなければ、15年ぶりのリーグ制覇が決定する。それでも、守備的な戦いを選択することはなく、続けてきたスタイルを表現したいと意気込んでいる。

 「もう勝てばいいというか。4点差とか関係なく、自分たちのサッカーして勝って、日産(スタジアム)でファンやサポーターと喜び合いたいっていう、それだけです」

 「(守備的に戦う可能性は?)監督はそういうのが嫌いなので。攻めに攻め倒していくと思いますよ。自分たちもそういうスタイルというか、そういう思考になっているので。攻めて、攻めまくって、点を取って勝てばいいです」

 悲願のタイトル獲得へ王手をかけた横浜FM。エースが語ったように、自らの戦い方を信じ続けたことが大きな原動力となっているようだ。(Goal.com)