2019.11.30 17:48

横浜M・仲川、5戦連発で得点ランク首位タイ浮上「みんなの力があってこそ」

横浜M・仲川、5戦連発で得点ランク首位タイ浮上「みんなの力があってこそ」

試合に勝利し、喜び合う横浜M・仲川輝人=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)

試合に勝利し、喜び合う横浜M・仲川輝人=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 横浜F・マリノスFW仲川輝人は自身の好調を支える周囲に感謝した。また、最終節でもあくまで勝利を目指していくと意気込んでいる。試合後のフラッシュインタビューで語った。

 横浜FMは30日、明治安田生命J1リーグ第33節で敵地・等々力スタジアムに乗り込み、川崎フロンターレと対戦。この“神奈川ダービー”では、試合開始早々の8分にFWマテウスの左サイドからの折り返しを仲川が押し込んで先制する。さらに、後半にはFWエリキが2得点を立て続けに決めてリードを3点に広げたのち、FWレアンドロ・ダミアンに1点を返されたものの、試合終了間際に途中出場の遠藤渓太がダメ押しの得点を沈め、横浜FMが4-1の快勝を飾った。

 これにより、横浜FMは2位・FC東京との勝ち点差を「3」に広げ、得失点差でも「7」の差をつけているため、最終節の直接対決で4点差以上をつけられて大敗することがなければ優勝という圧倒的優位な状況に。しかし、次の試合への意気込みを問われた仲川は最終節でも勝利を目指すと宣言している。

 「自分たちは勝ちに行くと決めているので。ホーム最終戦ですし、良い形で終われるように、そして横浜にシャーレを掲げられるように頑張っていきたいと思います」

 また、川崎F戦の得点で仲川は出場5戦連発。好調を維持する同選手は、得点ランクでもチームメイトのMFマルコス・ジュニオールと並ぶ今シーズン15得点でトップタイに躍り出ている。

 「上手くマテ(マテウス)が左サイドを突破したので、逆サイドに自分がいるということはチームとして約束事みたいなことにはされているので。ラッキーなゴールでしたけど、早い時間にとれて自分たちのペースに持っていけたかなと思います」

 「自分だけではなくみんなの力があってこそなので、みんなのサポートに感謝したいと思います。今日も点を決められましたけど、もう1点取れたシーンもあったと思うので、そこは課題としてもっと突き詰めて上を目指していきたいと思います」(Goal.com)

試合結果へ勝敗表へ

  • 前半、仲川(左)の先制ゴールを喜び合う横浜Mイレブン=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)