2019.11.18 05:03(1/2ページ)

久保、堂安が孤立…森保監督“4バックに緊急手術”示唆 U-22日本がコロンビアに0-2

久保、堂安が孤立…森保監督“4バックに緊急手術”示唆 U-22日本がコロンビアに0-2

特集:
堂安律
袖をつかまれながらも前進する久保。しかし、ゴールは遠かった (撮影・蔵賢斗)

袖をつかまれながらも前進する久保。しかし、ゴールは遠かった (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 キリンチャレンジ杯(17日、U-22日本0-2U-22コロンビア、Eスタ)東京五輪世代に当たるU-22(22歳以下)日本代表がU-22コロンビア代表に0-2で完敗した。A代表で常連のMF久保建英(18)=マジョルカ=とMF堂安律(21)=PSVアイントホーフェン=が先発したが攻めあぐねた。A代表と五輪代表を兼務する森保一監督(51)は3バックから4バックへ布陣を変更する考えを示唆。12月28日にはトランスコスモススタジアム長崎でU-22ジャマイカ代表と国際親善試合を行う。

 南米の雄に手も足も出なかった。「日本晴れ」と名付けられた新ユニホームをまとい、快晴の下、ピッチに飛び出したMF久保。待っていたのは残酷な結末だった。

 「現実を見つめ直さないと。もっと攻撃で人数をかけないといけない」

 堂安とともに攻撃的MFに入り、ボールを持つと強引に縦に仕掛けた。しかし、身体能力に優れるコロンビアの圧力にDFラインが後退して2失点。振り向けば、二枚看板は孤立していた。

 「自分か久保にボールが入ったとき、前線には(1トップの)上田しかいない。選択肢がなかった」

 堂安も奥歯をかみしめた。U-22世代はこれまで3バック布陣を採用してきた。森保監督がJ1広島時代にリーグを3度制した戦術だが、攻守で鍵を握る両ウイングバックが押し込まれたまま“5バック”の状態が続くと、攻撃への推進力を失い、シュートを打つのにも苦労する。

【続きを読む】

  • 後半途中でベンチに下がった堂安(左)は森保監督と握手。悔しそうにうつむいた
  • 後半、先制のゴールを決められた大迫敬介(左)(撮影・門井聡)
  • 前半、攻め込む久保(右)=エディオンスタジアム広島(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、競り合う久保建英(中央)=エディオンスタジアム広島(撮影・門井聡)
  • 前半、シュートが決まらず悔しがる中山雄太=エディオンスタジアム広島(撮影・門井聡)
  • 前半、メモを取る森保一監督=エディオンスタジアム広島(撮影・門井聡)
  • 後半、ボールを要求する久保建英=エディオンスタジアム広島(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、攻め込む堂安律(右)=エディオンスタジアム広島(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、シュートを放つ小川航基(右)=エディオンスタジアム広島(撮影・蔵賢斗)
  • 試合に敗れ、悔しそうにうつむく久保建英(右)と喜ぶコロンビアイレブン(左)=エディオンスタジアム広島(撮影・門井聡)
  • ファンで埋め尽くされたスタンド=エディオンスタジアム広島(撮影・蔵賢斗)