2019.11.17 16:32(1/2ページ)

新潟、吉永一明監督の今季退任を発表…後任に元“バルセロナ育成部門トップ”のオルトネダ氏を招聘

新潟、吉永一明監督の今季退任を発表…後任に元“バルセロナ育成部門トップ”のオルトネダ氏を招聘

新潟、吉永一明監督の今季退任を発表…後任に元“バルセロナ育成部門トップ”のオルトネダ氏を招聘

新潟、吉永一明監督の今季退任を発表…後任に元“バルセロナ育成部門トップ”のオルトネダ氏を招聘【拡大】

 アルビレックス新潟は17日、吉永一明監督(51)が契約が満了となる今シーズン限りで退任し、2020シーズンからの後任にアルベルト・プッチ・オルトネダ氏(51)を招くことを発表した。

 今シーズンの新潟は、明治安田生命J2リーグ第41節を終えた時点で16勝11分け14敗の11位。今年4月から新潟の監督に就任した吉永監督だったが、6位・ヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は「9」に開いており、J1参入プレーオフ圏浮上の望みは断たれている。

 吉永監督は退任に際して「アルビレックス新潟を支えて下さっているすべての皆様へ。まずは、ホーム・アウェイに関わらず、いつも素晴らしいサポートをしていただいたことに感謝します」とコメントし、「今シーズンJ1昇格という目標を達成出来なかったことをお詫びしたいと思います。すべての責任は私にあります」と謝罪。続けて、以下のようにクラブ公式サイトを通じて伝えている。

 「この悔しさを忘れずに、選手たちは来シーズンこそJ1昇格という目標を達成してくれると信じています。これからもアルビレックス新潟のサポートをよろしくお願いします。また、今シーズンも残り1試合、ホームでJ2リーグ最終戦があります。ぜひ、最後まで未来に向けて戦う選手たちの後押しを、よろしくお願いします」

 新たに2020シーズンから指揮官に就任するオルトネダ氏は、2018年から2019年にかけてニューヨーク・シティFCのヘッドコーチを務めていた。そして、2003年から2014年の期間はバルセロナでスカウト、アカデミーコーチ、アカデミーダイレクターとして名門の育成部門を支えた。オルトネダ氏は、以下のように喜びを表現している。

【続きを読む】