2019.11.16 05:03(1/2ページ)

三好にエースナンバー「10」! A代表常連の久保、堂安に“挑戦状”

三好にエースナンバー「10」! A代表常連の久保、堂安に“挑戦状”

特集:
三好康児
堂安律
17日のU-22コロンビア戦に向けて調整する左から三好、久保、堂安。チーム内の競争も激化している

17日のU-22コロンビア戦に向けて調整する左から三好、久保、堂安。チーム内の競争も激化している【拡大】

 サッカー・U-22日本代表合宿(15日、広島市内)キリンチャレンジ杯のU-22コロンビア戦(17日、エディオンスタジアム広島)に向けて背番号が発表され、MF三好康児(22)=アントワープ=が10番を背負うことになった。2列目のポジションをMF久保建英(18)=マジョルカ=らと争う。14日にキルギス・ビシケクで行われたW杯アジア2次予選でキルギスを2-0で下した森保一監督(51)は16日に帰国し、合宿に合流する。

 秋晴れの広島で、MF三好がMF久保やMF堂安へ“挑戦状”をたたきつけた。この日、シュート練習などで汗を流した3人は、五輪代表18人枠を争うライバル同士。特に熾烈な中盤のポジション争いだが、三好に負けるつもりは毛頭ない。

 「競争はどこにでもある。自分の特長は、攻撃でのイマジネーションやアイデア。そこでアピールしていきたい」

 表情に自信がみなぎった。前日14日の練習試合では後半から出場し、途中で久保と交代。ゴールには絡まなかったが「次のゲームが大事」と涼しい顔。与えられた背番号はエース格の「10」だ。

 今年8月、ベルギー1部のアントワープへ移籍。9月15日のアンデルレヒト戦で途中出場ながら初ゴールを決めた。代表招集直前の今月10日のブルージュ戦では初先発を果たし、「向こうではプレーで認めさせるしかないので」。実力が徐々に認知されつつある。

【続きを読む】