2019.11.15 05:01

U-22練習試合で零敗…久保、先輩“駄目出し”「やるべきことをやるということ」

U-22練習試合で零敗…久保、先輩“駄目出し”「やるべきことをやるということ」

後半、ゴール前で2人がかりで止められる久保(中央)。随所に好プレーは見せたが、ゴールは奪えず自己評価は低かった (撮影・土谷創造)

後半、ゴール前で2人がかりで止められる久保(中央)。随所に好プレーは見せたが、ゴールは奪えず自己評価は低かった (撮影・土谷創造)【拡大】

 サッカー・U-22日本代表練習試合(14日、広島広域公園第一球技場)キリンチャレンジ杯のU-22コロンビア戦(17日、エディオンスタジアム広島)に向けた合宿4日目。J1広島と35分ハーフの練習試合を行い、0-1で敗れた。MF久保建英(18)=マジョルカ=は後半途中から入り、ゴールを奪えなかった自身とチームに“駄目出し”。22人中、MF堂安律(21)=PSV=を除く21人が出場した。

 ベストメンバーが集まった合宿。J1広島との練習試合に0-1で敗れたMF久保は、悔しさを露わにした。

 「前は点を取る、後ろはゴールを守る。それぞれの選手がやるべきことをやるということ」

 10日にスペイン1部リーグで初ゴールを奪った18歳は遠慮せず、チームに苦言を呈した。ほぼベスト布陣の広島に前線からプレスをかけられ、ボールを奪われる。後半13分にセットプレーから失点すると、同19分に2列目で途中出場した。

 「ゴールを決めてくれということ」とベンチの意図を理解し、同27分には右サイドをドリブル突破。しかし、ペナルティーエリア直前でボールを失い「あーっ」と絶叫。相手の合間でボールを受けてリズムを作り、同32分にFW前田へ絶妙なラストパスを出したが、ゴールは奪えぬまま終了の笛。「ピッチでいつも通りのプレーをして、アピールしないと」と表情を引き締めた。(宇賀神隆)

試合日程へ代表メンバーへ