2019.11.14 23:46

キルギス監督「チャンスも生かせなかったが、それもサッカーだ」

キルギス監督「チャンスも生かせなかったが、それもサッカーだ」

前半、PKで先制のゴールを決める南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)

前半、PKで先制のゴールを決める南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で14日、首位の日本は敵地ビシケクでキルギスを2-0で下し、4連勝で勝ち点12とした。キルギスは2勝2敗で同6のまま。

 キルギスは日本に善戦し、試合後はホームの観客から大歓声でねぎらわれた。クレスティニン監督は「良いゲームを見せた。そこには満足している」とうなずいた。

 3バックの左に入ったキチンが長短のパスを駆使して攻撃を組み立て、右MFマイアーの突破は脅威だった。前後半の絶好機をGK権田に阻まれるなど決め手は欠いたが、監督は「強いチームとやることでレベルアップする。いい影響がある」と今後に向けた手応えを語った。(共同)

クレスティニン・キルギス代表監督の話「結果は予想とは違ったが、良いゲームを見せた。質が高かった。二つのゴールを与え、チャンスも生かせなかったが、それもサッカーだ」

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 後半、原口元気(中央)のチーム2点目となるゴールを喜び合う日本イレブン=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ヘディングシュートを放つ南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)