2019.11.14 22:10

【試合結果】サッカー日本代表、南野&原口弾でキルギス撃破!W杯2次予選は4連勝

【試合結果】

サッカー日本代表、南野&原口弾でキルギス撃破!W杯2次予選は4連勝

特集:
森保JAPAN
南野拓実
前半、PKで先制のゴールを決める南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)

前半、PKで先制のゴールを決める南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 カタールW杯アジア2次予選F組(14日、キルギス0-2日本、ビシケク)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本は、同94位キルギスと対戦。日本はMF南野拓実(24)=ザルツブルク=のPKとMF原口元気(28)=ハノーバー=の直接FKで2点を挙げ、4連勝とした。

 試合は両者ともピッチ状態を気にしてか、序盤からロングボールを多用。日本はFW永井の裏を狙ってボールを放り込んでいく。14分、右サイドでMF伊東が粘ってDF酒井へパス。酒井は中央へクロスを入れ、フリーで待っていたMF南野が頭で合わせたがボールは枠を外れた。日本はなかなか組み立てがうまくいかないなか、キルギスに絶好機を演出される。32分、自陣右サイド深くへボールを運ばれると、ドリブルを仕掛けたMFアルユコルフに対峙したMF遠藤がかわされる。アルユコルフはゴール前にグラウンダーでパスを入れ、これにMFアルユコルフが合わせたがGK権田がファインセーブ。なんとかピンチをしのいだ。厳しい時間が続いた日本だったが、前半終盤の41分、南野がPK獲得。これを自ら決めて先制点を挙げ、1点リードで前半を終えた。

 前半を苦しみながらもリードを奪って折り返した日本は、後半開始早々に追加点を挙げる。8分、敵陣ペナルティーエリア中央手前で遠藤が倒されFKを獲得。キッカーに立ったのはMF原口と南野。原口は壁を避けてゴール左へ蹴り込むとボールはGKの手前でワンバウンドしてネットに吸い込まれた。

 日本は32分、伊東に代えてMF中島、遠藤に代わってMF山口を投入した。続けて42分には永井に代えてFW鈴木を投入。試合はこのまま2-0で終了。日本は4連勝で首位を守った。

試合詳細へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 前半、エリア内で倒されPKを獲得する南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、原口元気(中央)のチーム2点目となるゴールを喜び合う日本イレブン=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 日本-キルギス前半、攻め込む永井(右)=ビシケク(共同)
  • 日本-キルギス前半、攻め込む遠藤=ビシケク(共同)
  • 後半、攻め込む植田直通=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 日本-キルギス前半、競り合う柴崎(右)=ビシケク(共同)
  • 前半、競り合う長友佑都(左)=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 日本-キルギス前半、セーブするGK権田(中央)=ビシケク(共同)
  • 前半、南野拓実(右)の先制ゴールを喜び合う日本イレブン=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、PKで先制のゴールを決める南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、ヘディングシュートを放つ南野拓実=ビシケク(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、競り合う吉田麻也(右)=ビシケク(撮影・蔵賢斗)